2008年6月19日木曜日

Firefox3とマイノリティーの哲学

はっきり言います。

ボクはマイノリティーが大好きです!
(だからどうした、なんて言わないでね)

パソコンはMacだし、通勤手段はロードレーサーだし、ケイタイはソフトバンクだし、人生の歩み方だってかなりマイナーというか、裏道を通ってきたし。神様もボクの傾向を知ってか知らずか、授かった子どもは双子だし。ちょいと他とは違います。ほっておくと、どんどん他の人からズレてくるのです(こんなボクのそばにいる人は大変だと思いますが・・・)

そんな左巻きなムカイが愛するブラウザは、もちろんFirefox!まあFirefoxも人気がでてきて、必ずしもマイナーといえないかもしれませんが、それでもIEよりはぜんぜんシェアが少ないです。

それでもなぜ使うか?といえば、やはり使いやすいから

特に今のボクの情報管理はGoogleを中心にしているので、Googleのサービスを高速でフルに使おうとすれば、おのずとFirefoxがもっとも合理的な選択肢となるわけです。

ちなみに、大多数でいることは簡単です。なぜなら何もする必要がないからですね。マイノリティーをわざわざ選択するためには、そこに「哲学」が必要となります。

発達障害も社会的にみればマイノリティーになりますが、ボクが発達障害の世界に関わろうとしたのも、そこに「哲学」があったからだと思います。

発達障害の「哲学」とは、ボクの考えは「違いを認める」ということになるのかなと思います(注:違いを受け入れるのとは違います)。

違っててもいい、違いを隠す必要はないし、大多数であることを強要される必要はない。違いを「受け入れる」ことは大変だし必ずしも受容が必要ではないけど、少なくとも違いを「認める(知る)」ことで開ける世界がある・・・そんな哲学が発達障害にはあるように感じます。

Firefoxから随分と想像力が跳びすぎましたが、「違っててもいい!」と思える人には超お勧めですよ。ぜひダウンロードしてください。

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

2 件のコメント:

Rosamonde さんのコメント...

実は、とっくにFirefoxをダウンロードして使っています。

最新バージョンをダウンロードしましたよ。自閉さんダンナもFirefoxユーザーです。

私自身がマイノリティー三昧なので。生き方などもマイノリティー三昧な生き方をしています。

定型さんから見ると異端者だと言われますが、定型さんからみると異端者であっても、私のお仲間さんの中には、私と同じようなお仕事をしている人もいますから。女性が入れないような(夜、男性が行く)クラブとか。

今は、自閉さんダンナの鑑賞会がわたくしの趣味でございます。年々、自閉さん度が濃くなっているダンナなので、手に負えないどころか、年々単純パターンが増えているからわかりやすくなっています。

と言うことで。

向井 崇 さんのコメント...

rosamondeさん
こんにちは。コメントありがとうございます。rosamondeさんもFirefoxな訳ですね。早速ダウンロードしたということはギネスに貢献しましたね。お互い、マイノリティーを楽しみましょう。